教育全国署名スタート集会が行われました。

今年も子どもたちにゆきとどいた教育を進めるために毎年行っている教育全国署名が行われます。

7月9日の今日は都内でスタート集会が行われ、埼教組からは金井書記長が参加しました。

今年度埼玉での署名目標数は埼教組、埼高教合わせて6万筆としました。

昨年はコロナ禍で署名活動に困難さもありましたが、一方で浦和駅前宣伝などでは地域・保護者の方を中心に少人数学級を求める強い声が寄せられました。

埼教組、埼高教、私教連だけでなく小中学校の校長会やPTA連合会などといった立場や団体を超えての声が当局側を動かし、国に先行して小3で35人学級を実現することもできました。

しかし、この小3の35人学級は、教科指導充実加配の弾力的運用で行われるものであり、予算と教職員が増える訳ではありません。結果的に今年度は県内でわずか47校のみが小3で35人学級を実施しているという状況です。

今年度の署名は少人数学級実現のさらなる後押しとするためにも、極めて重要です。

皆さんぜひ署名の御協力をお願いします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。