埼教組のホームページへようこそ

埼教組は、どの子にもゆきとどいた教育をすすめること教職員がいきいきと働き続けられることをめざしています。

そのために県内の教職員が一体となって運動を進めています。憲法を守り子どもたちに平和な未来を手渡すとともに、憲法にもとづく教育の発展・充実のため、様々なとりくみを展開していきます。

【特設ページ】中教審特別部会「審議のまとめ」で、長時間労働は解消しない!

5月13日、中央教育審議会(中教審)「質の高い教師の確保特別部会」から「『令和の日本型学校教育』を担う質の高い教師の確保のための環境整備に関する総合的な方策について(審議のまとめ)」が提出されました。

新聞報道では大きく取り上げられ、私たち教職員の中からも歓迎される声が聞こえますが、果たして本当にそうでしょうか。特設ページをつくりました。ぜひ、ご覧ください。

 
パブリックコメントが始まりました。期間は6月28日まで。ぜひ、私たちの声を届けましょう

学力学習状況調査等CBT化に関する緊急アンケート

埼玉県内の学校から、CBT導入にあたり「マニュアルが膨大で、職場の多忙化に拍車がかかった」「回線上の不具合から実施の延期を余儀なくされた」「児童・生徒が回答する際、タブレット操作上困難がある」「県学調実施期間中に入ってから、問題の誤りについて事務連絡が発出された」など、多くの問題が埼教組本部に報告されています。

そこで、埼玉県内の小中学校の教職員を対象にアンケートを実施します。アンケート結果をもとに、埼玉県及びさいたま市と折衝していきたいと考えています。ぜひ、ご協力をお願いします。

MENU