そもそも共済とは??

 共済は、様々なリスクに対して、一定の地域や職域などの人々が協同して万一の場合の相互扶助を行う制度で、共済は、組合員の事故や病気による入院・志望・火災・自動車事故などに対して給付を行うものです。
埼教組共済は、全教(全日本教職員組合)という上部組織のもと、埼教組(埼玉県教職員組合)が埼玉県で運営する教職員のための自主共済です。

共済と保険の違いは??

 共済は、相互扶助を目的とするため儲ける必要は一切ありません。ですから、掛金は給付に必要な経費と運営に必要な経費があればよいのです。一方民間保険は、企業としての利潤追求を目的としていますので、この目的の違いが根本的なものです。

なぜ組合が共済活動を行うのですか?

 生活の安定は、組合員や加入者にとっては重要な要求です。ですから、生活を守る福利厚生活動の一つである共済活動は、労働組合の基本的な役割であり、労働組合の原点なのです。

 

各種共済一覧

総合共済~月々600円の掛金で全国のなかまの助け合い~


教職員賠償責任共済~業務中のまさかに備える~

 

くらしの賠償責任共済~日常生活のまさかに備える

全教・埼教組共済では以下の各種共済も取り扱っています